2018年4月2日月曜日

the postを観た

4月ですね。あっという間に桜が満開になり、あっという間に葉桜になっていっています。春分の日は関東では雪が降り、寒い寒いと言っていたのにウソのようです。

毎月1日は映画鑑賞料金が安くなる日ですが、ちょうど休みの日と重なったのでスピルバーグ監督の「the post:ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」を観に行きました。時はベトナム戦争が激化して、多くの若者の命が失われていた1970年代初頭。当時の政権がベトナム戦争がかなり不利な状況にもかかわらず、一部の人たち(権力者)による独断が戦争を長引かせて大きな損失に気づき始めた時です。従軍した大使館員の報告書を握り潰したが、報告書を新聞社が報道し始めると政府による介入があり、言論の自由が奪われようとした事件。その報告書が「ペンタゴンペーパー」です。
この事件のことは知っていたし、その後にはウォーターゲート事件にまで発展する70年代のアメリカの苦悩は周知のことです。しかし、今はそれから約50年。半世紀前にタイムトリップしたような映像にどっぷりとつかりました。常に描かれていたのは、権力との対峙。the postとは新聞社のことで、Washington post紙が主人公です。女性経営者と男性社会。政府の弾圧と言論の自由。新聞だけでは稼げなくなりつつある時代に、あえて地方紙との連携の中で購読者を増やす戦略をしたwashington postとNew York timesとの争いと同盟。友人である権力者である政府関係者との決別など、多くの権力や時代の流れの中で決断をこの経営者はしています。
この映画をこの時期に出すことにスピルバーグ監督の意地が見えます。トランプ政権による独裁。多人種が自由の名の下で構成される国家のはずなのに一国(一民族)主義。そして、フェイクニュースと言いながら激しい(私情ともいえるくらいの)報道規制。そういう今にこそこの映画を出す意味があったんだろうと感じました。実際2本か3本の映画を同時進行ですすめていたようです。
主人公は私の好きな女優さんのひとりでもあるメリルストリープ。いくつの映画も見たトムハンクス。その二人もですが、私はいくつかのセリフが好きでした。「偉大な歴史書の草稿。それが新聞である。」、とか、「ささやかな抵抗に私自身が貢献することが夢だった」というプライド。
あと、またチョー驚いたのはイギリスのテレビドラマに出てくる女優さんが出演していたこと。女性活動をする群衆の中で見つけました。ちょっと感動しました。
やっぱり。映画は映画館で観たいですね。

2018年3月19日月曜日

バリアフリー映画祭in三原

この土曜日は障害などをテーマに3本の映画を一度に観られるという贅沢な一日でした。なしかも、そのうちの一作品は原作者のペコロスの岡野さんがこられるという。すごかーな時間でした。どの作品も下手すると自分の弱味になる部分をさらけ出して何かに挑戦するというものと、実際に起こっていることを物語にしていることです。車いす。介護。学級運営。どれも身近な日常的なことを豊かな視点で観られています。介護の映画の後ではトークショーもあり、自分の時間を大切にというメッセージがありました。学級運営の物語では、お子さんが観たいと言ってこられた親子も鑑賞していました。何かを考えたい。普段起こっていることにコミットしたい。そんな気持ちも捉えることができました。知ることだけでも変化が生まれるのかもしれません。考えると行動に表れるかもしれません。個人の中でも地域の中でもいい循環が生まれたらなと。
運営していただいたみなさん。お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

2018年3月4日日曜日

広島県作業療法学会でした


すでに季節は春を思わせるような陽気だった今日。なんとまぁ今年初めてのブログ更新。投稿は10月以来だから…約半年ぶりになります。2月はどうやら毎年のことになっていますが、神明市(三原に3日間で約30万人の人手)でだるま販売。翌週には、三原市の精神保健福祉ネットワーク主催の「こころネット祭り」。近隣のジャズが集まってくるセトウチジャズキャッスル。1,000体以上の石のおひな様がお寺にならぶ「おひなまつり」。と毎週のように違うイベントをこなしていました。

今日は、県士会の学会で本町ごはん はらのすけから演題発表をしました。私はサポート役でしてアドバイスをしました。はらのすけで働く方が働く目標を持つという内容でして、将来が明るくなるような発表でした。発表した方も演題の上にあがって初めて体験する空間と緊張感の中で新しい何かを見つけたと言っていました。私も負けずにやらなくちゃ、と思いました。本当にお疲れさまでした。

今回の学会のテーマには「人財(人材)育成」がキーワードに含まれていました。新人の育成。臨床実習や(作業療法)教育とは、ということを考える機会になりました。後輩の育成、新人、というと育てなければならない、とか、先輩の仕方を見習って…というのを思い浮かべるような内容でした。
人材育成の中で感じるのは、やはりお互いの信頼関係の中で学びあうことです。先輩も後輩も技を持っていようがいるまいが、ある目標に向かって共に学びあえる存在になりえるか、いかに学びあう環境作りをするか、それによっていかに効果を明らかにできるか、ということが挙げられると思います。新人だからできない、新人だから未熟だ、新人だから勉強しなくちゃいけない。では、いつまでたっても別の存在じゃないかな、と思います。

これは、別に職場環境に限ったわけではなく、相手が困っていて、私たちが「対象者」とか「クライエント」と呼ばれる人たちともそういう関係だろうと思います。今回発表をした事例の方も片まひではありますし、できないことも多いのですが、一緒に仕事をするうえで、私たちなんかよりもよっぽど知っていることや技能があります。こうやってやれば片手でもできるんだぁと感じることも多々あり、日々学ばせてもらっています。

そういう関係になれるかどうか、そういう環境ができるかが一番の関心事でして、おそらく病院や医療現場ではなかなかできづらいんじゃないかなーと思います。

また、明日から新鮮になれるような学会でした。

久しぶりの投稿を読んでいただいた方。ありがとうございます!
写真は、学会終了後のパンの生地出しです。

2017年10月8日日曜日

当事者から学ぶ

三原市では26年もの間「精神保健福祉講座」というのが開催されています。今は精神保健福祉ネットワークである「こころネットみはら」が主催して「やさしい精神保健福祉講座」という名前になっています。昨日、今年の4回連続講座の最終回が開かれ私もコーディネーターとして参加してきました。ひとつはボランティア団体である「グループ翼」さんの発表です。この講座をきっかけに24年前に立ち上げたグループ翼。毎月調理をして、なんでもないことを話したりしている。もともと薬剤師さんがずっと関わっていましたが、そろそろ年齢のこともあり後継者を探していると。グループ翼を利用しているおふたりの当事者の方が、その必要性を語っていました。働いていてしんどい時、ストレスを感じるようなことがあった時、やはりいつもの人たちで語らうことができれば、また明日からへの活力になる。そんな報告でした。
もうひとつは障害者雇用をしている企業の方の報告でした。数名の方を雇う中で支援は一人が行うのではなく、みんなでしなくちゃいけないこと。普段からのコミュニケーション。関係づくり。夢と希望の共有。周りの人達とみんなで関わること。とにかく勉強になりました。自分が自分らしくあるためには、やはり一人ではダメだなとまた強く感じました。
この講演会には精神科の病院の院長先生も来られていました。普段は診察室の中で、いわば病気の部分と関わることの専門家です。診察室という空間から地域のことを考えたりイメージすることは簡単ではありませんが、こういった場に医師という立場で参加していただけるだけでもすごいなと感じました。
やはりみんなで考え、みんなで取り組めるようになることが必要だと思います。本当に有意義な時間をありがとうございました。

2017年10月2日月曜日

日曜日に竹原で感じたこと

ここ最近、就労支援に関わる話をよく聞くことがある。ついに精神科の病院にも就労支援の波が押し寄せているようである。来年からは障害者の雇用率が2.0%から2.3%へと段階的に上がっていく。今までは100人に2人を雇うべきだ、というのが87人に2人を雇うべきだ、というに変わる(あっているかねこの計算…)。ちなみにこの雇用率という制度は諸外国では様々な考え方で日本はフランスの法律に近く制定されている。しかし、日本はそもそも「障害者」として認定される背景が医療に偏っており、対人口比でも国費の支出額の比でも諸外国比べて少ないことが知られている。つまり、障害者として社会保障制度の対象となる人も少なければ、経済的にも制度的にも支援される数が少ないのだ。
さらに、雇用率も諸外国に比べて低いとなると、障害者が社会参加できる場はかなり少ないことになる。
「働き方」というのは場所や時代によって様変わりする。年功序列みたいな風習もずいぶんなくなり、非正規雇用、派遣などの働き方も主流になり、そもそも企業で働いてこそ保険制度の対象になるような基盤もかなり揺らいでいる。
障害者雇用という制度はそこに一石を投じる制度になるのではないか?と感じることがある。「働ける=生産的な活動に参加できる=自己肯定感も向上=収入も増えて様々な活動に参加できる」。これは、別に障害者だけに言えることではなく、社会全体でこの考え方の下で、みんなが働けるようになる社会を作り出していかなければならない。
「働けるように障害者ががんばる」とかではなく、その人にあった「働き方」に見合った環境を作らなければならないのだ。そのために何ができるか。これは制度があって考えるのではなく、自分たちひとりひとりが考えて、時たまみんなで考えていくことが必要かなと感じる。そういう余韻を残すような活動をしていきたい。と、感じる日曜日でした。

2017年9月24日日曜日

みはらミュージックマーケットすごかったバイ

今日は晴天の中、三原駅前市民広場で「みはらミュージックマーケット」が開催されました。音楽を楽しみたい!っていうだけでこんなに多くのプレーヤーやお客さんがやってくるんだなぁと本当に驚きます。時々しか見ないけど、こういう時には必ずお会いする方(多くの方は名前も知りませんが…)にも申し分なくお会いできたように思います。

4つものステージ。飲食ブース。ものづくりブース。管理ブース。ひとりひとりにきっちりと名札におそろいのTシャツ。出店者にも3m×3mのライン。パンフレットどおりの進行とやりきった感満載のエンディング。質の高いイベントというのはこういうのだと思います。人の手がかかっているし、みんなが一つの方向に行っている感じで、誰かががんばりすぎていない。規模も大きいのにすがいなぁと思います。

ちゃんくすは、スワンベーカリー三原店のパンにソーセージだけというシンプルなホットドッグを販売。野菜をいれるかどうか?とか、いろいろ考えましたが、結果何も入れませんでしたが、結構おいしかったです。予定個数を完売(ぱちぱちぱち)。みなさんの苦労も喜びも分かち合えました。

さて。なかでもハッスルしていたのは斎藤工房さん。さすが、こだわりのスピーカー製作。すでにその名声はとどろいていて、「今年もやるねー」とか「いい仕事してるね」と、まぁいいフィードバックをいただいていました。彼の作業がすっかり街に溶け込んでいるようにも感じました。きっといろんな人が彼の仕事を評価してくれることでしょう。

こういう機会を提供してくれるのも、実行委員の皆さんの長い時間築き上げた信頼関係だろうと思います。この駅前広場は数年後には四分の一くらいになって図書館(など)が建つとか建たないとか。新しい価値観を持ってくるときには、必ず古い価値観がなくなっちゃうってことをわかっていてやってるのかな?街はすぐにはできなくて長い時間をかけて熟成するものと思います。誰かの責任とかないんだけどなぁ。

2017年9月23日土曜日

作業療法学会に参加しました

東京は国際フォーラムで行われた作業療法学会に参加しました。3日間ある日程のうち1.5日しか参加しませんでしたが、とても実りある時間でした。
以前と比較して、もちろ病院がフィールドの報告が圧倒的に多いのですが、自宅での生活とか職場とか、公民館活動とかそういうのが目立ってきたなと思いました。機能の回復だけでなく、社会的に存在している意味とか価値とかを考えさせられる内容も多く感じました。しかも、そういう報告を若い方がしていて、とても新鮮でした。自分の両親よりも先輩の人たちとよりそいながら関わるのは、ある意味異文化みたいなものかなと。その中で意味や価値を見つけ出して、相手にとってより良い人生だと感じられるようにするってのは本当にすごいなーと感じました。

私はというと、大したこともないのですがちゃんくすの日常を発表してきました。3名のパネラー+司会者の4名でしたが、パネラーのおひとりが有名な方でもあり、立ち見が出るほどの人が参加していてかなり驚きました。少ないだろうなぁと思っていたので。

個別の案件もですが地域の問題に携わることが多くなっていて、最近はそれでいいのかな?と感じることも多かったです。どうしても「任されて」しまって、課題解決そのものが地域の力で行われるのではなく、ちゃんくすの力で行うことが多いんじゃないかって。やはり、地域は地域なのでいろんな人たちと話し合いながらやっていかなくちゃいけないなと思いました。

パネラーのおひとりは、カウンセリングルームを自営していて、他の人の力を借りてパンフレットとか作ってもらっていました。もうおひとりはそれはそれは壮大な計画で地域を動かしていました(発表の最後には衆議院議員選挙に出馬します!っていうのかと思ったくらいです)。

共通していたのは、作業療法が好きなんだなーということ。作業療法の資格が前面に出るのではなく、自分自身の生活そのものが作業療法の知識や技術を使っている感じでした。

とても刺激的な金曜日でした。ただ…会場がひろーくて移動距離も長く足腰にきたわー。